スポンサーリンク

お猫様図鑑「サイベリアン」極寒の地に住む猫

スポンサーリンク
サイベリアンお猫様図鑑

シベリアに土着していた猫が祖先といわれている「サイベリアン」


冬には氷点下40度から50度にもなる極寒の地シベリアで何世紀にも渡り生き抜き「サイベリアン・フォレスト・キャット」とも呼ばれています。


厳しい寒さに耐えれるよう、厚いダブルコートの毛を持っており、中には「トリプルコート」という極めて珍しい毛を持つ個体が多いことで知られています。


古くからその存在は知られていましたが、ロシアでは普通の飼い猫として扱われていました。

そして過去にロシアは他国との交流や交易を制限していた時代があり、その後に冷戦などがあって、世界に広まったのは何と1987年以降となりました。


極寒の地を生き抜いてきた「サイベリアン」の歴史や特徴、性格などをご紹介していきます。

ぜひ最後までごにゃんください。


この記事では以下の内容が分かります。

  • サイベリアンの歴史
  • サイベリアンの特徴
  • サイベリアンの性格
  • サイベリアンの大きさなど
  • サイベリアンの原産国
  • サイベリアンの体重
  • サイベリアンの体長
  • サイベリアンの寿命
  • サイベリアンの値段
  • サイベリアンの動画
  • サイベリアンの飼い方


モグリッチモグリッチ ジャガーキャットフードジャガーキャットフード

サイベリアンの歴史

  • 西暦1000年頃には存在していた?
  • 野生ネコが生息できる北限地域で進化
  • 1871年にキャットショーに初登場
  • 当時のロシア情勢から現代
  • 1996年 品種登録
  • 秋田犬を送った返礼にサイベリアン


西暦1000年頃には存在していた?

近年の遺伝子解析による研究では、西暦1000年頃には存在していて、ペルシャやターキッシュアンゴラと同じ祖先を持ち、シベリアの森で進化した猫が「サイベリアン」と考えられています。

長毛でサイズが大きい「ノルウェージャンフォレストキャット」や「メインクーン」と近い血縁といわれていますが、頭の形や体型が違ったり、トリプルコートと呼ばれる毛を持っている個体が多いことから、この2種とは別の進化を辿ったのではないかと考えられています。


野生ネコが生息できる北限地域で進化

サイベリアンが生息しているシベリアは、野生ネコが生息できる北限地域といわれており、世界で一番寒い地域で生き抜いてきた猫といえます。

極寒のシベリアは冬には氷点下40度~50度になることもあり、その寒さに耐えるため非常に珍しい「トリプルコート」を持つ個体が多く、皮脂を多めに含んだオーバーコートは寒さに耐えることができ、防水性に優れているため、極限の状態で生き延びられたと考えられています。

そしてこの身体的特徴は、厳しい環境に耐えるため、何世紀にも渡って進化を続けた歴史ともいえます。


1871年にキャットショーに初登場

1871年にイギリスでキャットショーが開催され、このキャットショーに「サイベリアン」が初登場し、その名が世に知れ渡り人気を得ましたが、当時ロシアは「ロシア帝国」の時代で他国との交流や交易が制限されていたため、入手することが非常に難しい猫でした。


当時のロシア情勢から現代

先述した通りロシア帝国は他国との交流や交易を制限していたため、なんと約100年後の1987年以降まで正式に輸出されることはありませんでした。

そして正式に輸出された国も「ポーランド」や「ドイツ」などのロシアと関係が比較的近い国に限定され、アメリカに輸出されたのは冷戦が集結した翌年の1990年以降になります。

この時ロシアは文化交流の証として「サイベリアン」を、アメリカは「ヒマラヤン」をそれぞれ贈り、アメリカでサイベリアンの繁殖が開始されることとなりました。


1996年品種登録

繁殖が始まった2年後の1992年に予備登録が行われ、1996年に「TICA(The International Cat Association)」に正式に品種として登録されることとなりました。


ちなみに文化交流によるサイベリアンの輸入や品種登録などは、アメリカでメインクーンのブリーダーをしていた「エリザベス・テレル」の尽力によるものといわれており、メインクーンに似たサイベリアンに強い興味を示し、文化交流や繁殖に尽力したといわれています。


秋田犬を送った返礼にサイベリアン

秋田県は2012年に大統領に就任したプーチン大統領へ、経済や観光でロシアとの交流を深めるきっかけにしようと秋田犬を贈る計画を立て、当時の野田総理大臣がプーチン大統領に秋田犬を贈ることを伝えると快諾されました。

そして1匹の「秋田犬」が贈られ、その後2013年に秋田犬を貰ったお礼として、プーチン大統領から秋田県知事に「ロシアのシベリア猫(サイベリアン)」が贈られました。



モグリッチモグリッチ ジャガーキャットフードジャガーキャットフード

サイベリアンの特徴

  • 極寒の地を生き抜いてきた被毛
  • 骨太でがっしりとした体格


極寒の地を生き抜いてきた被毛

なんといっても一番の特徴はその被毛です。ダブルコートの他に、トリプルコートという非常に珍しい毛を持つ個体が多く、オーバーコートは皮脂が多めで耐水性に優れています。

これは同じく寒い地域で進化してきた「ノルウェージャンフォレストキャット」には見られない特徴です。皮脂が多めの毛は少し硬い手触りだそうです。


骨太でがっしりとした体格

骨が太くしっかりとした骨格を持っており、筋肉と適度な脂肪がついていて重量感のある体格です。

「ビア樽型」などと例えられるほど丸い体を持っています。



モグリッチモグリッチ ジャガーキャットフードジャガーキャットフード

サイベリアンの性格

  • 大人しくて忠実
  • 非常に賢くて辛抱強い
  • 縄張り意識が少し強い
  • 水を怖がらない


大人しくて忠実

見た目はワイルドで野生の血が強そうですが、実際は大人しくて飼い主に忠実、優しい性格の持ち主で、他のペットなどと仲良くできるといわれています。

また、人懐っこい性格も持っていて、初対面の人にのどを鳴らしながら近づいてくる子もいるそうです。


非常に賢くて辛抱強い

非常に賢くて簡単な芸なら覚えることができ「犬のような猫」とよばれることもあり、嫌なことがあってもすぐに怒らない、辛抱強い性格も持っているといわれています。

また、ロシアのサーカスの猫はほとんどが「サイベリアン」といわれており、育て方によっては本当に犬のような芸を多く覚えるそうです。


縄張り意識が少し強い

もともと厳しい環境で育ったせいか、他の猫に比べて縄張り意識が少し強いといわれており、仲間と認めない相手に対しては冷たい一面を見せるそうです。


水を怖がらない

水が好きというわけでは無いようですが、水を怖がらない性格の子が多く、魚を捕るために水に飛び込むことさえあるといわれています。



モグリッチモグリッチ ジャガーキャットフードジャガーキャットフード

サイベリアンの大きさなど

ここからは「サイベリアン」の大きさなどをご紹介していきます。


サイベリアンの原産国

  • ロシア


サイベリアンの体重

  • オス 6kg~8kg
  • メス 4.5kg~6.5kg

大型に分類される品種で、オスは10kgを超える個体も多くみられるそうです。


サイベリアンの体長

  • 80cm前後

一般的な猫より大きく、中には1mを超す個体もいるそうです。


サイベリアンの寿命

  • 14才前後

一般的な猫が15才なので少し短い寿命といえます。


サイベリアンの値段

  • ブリーダー 20万円~35万円
  • ペットショップ 15万円~25万円

中には50万円を超える個体もいるそうです。



モグリッチモグリッチ ジャガーキャットフードジャガーキャットフード

サイベリアンの動画

ここからは「サイベリアン」の動画をご紹介していきます。

まずは絶対正義の子猫の動画です。

サイベリアン子猫の成長記録🌸祝1歳✨3ヶ月の子猫が立派なモフ猫になるまで♪

こちらでは生後3ヶ月から1年の成長記録が見れます。


Siberian cats on the snow

こちらは古い動画ですが雪で遊ぶ姿が印象的ですね。



サイベリアンの飼い方

  • 熱中症に注意
  • ブラッシングをこまめに
  • 運動できる広い空間を
  • 水回りに注意


熱中症に注意

寒い地域で生きてきた猫のため暑いのが苦手です。

特に高温多湿の日本の夏は熱中症になりやすいといわれていますので、必ず暑さ対策をしてあげましょう。


ブラッシングをこまめに

長毛種でダブルコート、またはトリプルコートのためブラッシングをこまめにしてあげましょう。

体の中に体毛が溜まってしまう「毛球症」になりやすいので、1日1回はブラッシングしてあげてください。


運動できる広い空間を

体が大きくて動きが鈍そうに見えますが、大型の猫の中では例外的なほどの跳躍力があり、高い場所にも簡単に上がってしまいます。

キャットタワーは倒れないように足がしっかりしたものを用意し、走ったり登ったりできる広い空間を用意してあげましょう。


水回りに注意

猫には珍しく水を恐れない個体が多く、お風呂にや洗面台、はたまた洗濯機にまで入ってしまう場合があるそうです。

入ったら危険な場所は入れないようにするか、予め水を抜いておくなど対策をしてあげましょう。



モグリッチモグリッチ ジャガーキャットフードジャガーキャットフード

まとめ

今回は「サイベリアン」についてご紹介しました。

何世紀にも渡って極寒の地を生き抜いてきたもっふもふの毛と、人間と古くから共存していた人懐っこい性格、ぜひ一緒に暮らしてみたいですね。

毛色も様々あるので色々な子を見るだけでも幸せな気持ちになりますね。

サイベリアン
猫人間
猫人間

最後までお読みいただきありがとうございました。

これからも猫ちゃんに有益な情報を発信していきますので、また見にきていただけると嬉しいです。

コメント

ADSENSE_SCRIPT_CODE